お客様サポート

FAQ

ライブ口座

規制当局から要請されている個人情報及び身分証明書、居住証明書をご提出いただく必要がございます。
身分証明書と居住証明書は、ホームページ上で簡単にアップロードすることができます。

追加口座はマイページへログイン後、マイアカウント>追加口座よりご申請ください。

口座開設後、ご入金資金が反映された時点から取引を開始できます。約1時間で取引を開始できます。
入金反映の所要時間については こちらをご参照ください。

顔写真付きの公的身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード)を提出してください。
顔写真、お名前、発行日、有効期限、身分証番号などが明確に記載されていなくてはなりません。

発行日から3か月以内の公共料金の領収書、納税証明書、住民票、戸籍謄本、クレジットカードや銀行の明細書、国民健康保険証のいずれかを提出してください。
手書き住所は承認不可となりますのでご留意ください。

お客様がFX取引やCFD取引を行うために、資産状況が適切かどうかを規制当局で確認する為に必要です。

$300(3万円)です。
こちらの金額は口座を初めてご利用いただくお客様へ、充分にお取引いただける目安の金額として設定しております。

はい、可能です。法人口座開設時には6ヶ月以内に発行された履歴事項全部証明書及び3ヶ月以内に発行された居住証明書をご提出ください。

入金と出金

Land-FXでは銀行振込、VISAカード、STICPAY、bitcoin入金をご利用いただけます。
詳細はこちらをご参照ください。

JPY、USDでご入金頂けます。

入金方法によって異なりますので、詳細につきましてはこちらをご参照ください。 

ご出金申請後、1~2営業日以内に担当部署にて確認および処理が行われます。
着金までにかかる時間は出金方法に異なりますので、所要時間の目安は下記をご確認ください。
- 銀行送金: 弊社処理後、2~5日程度
- STICPAY:弊社処理後、即時

出金方法はホームページにログイン後、マイページの出金から出金方法をご選択頂き、出金申請を行ってください。
申請が完了しますと完了画面が表示されますが、申請完了メールは配信されません。
出金申請が正常に完了しているかはマイページの出金履歴よりご確認ください。
なお、出金申請の承認可否につきましてはメールでご連絡いたします。

書類とフォーム

ライブ口座の開設申請時にオンライン上で必要書類(身分証明書、居住証明書)をアップロードしてください。

口座開設のためには顔写真付きの身分証明書をご用意頂く必要があります。
マイナンバー通知カードは承認出来かねますので、マイナンバーカードを作成しアップロードしてください。

法人口座開設時には6ヶ月以内に発行された履歴事項全部証明書および3ヶ月以内に発行された法人名が記載されている公共料金明細や印鑑証明書などをアップロードしてください。

書類の提出が必要な理由は、お客様の資金を保護するためであり、規制当局から要求されているものでもあります。
身分証明書や居住証明書などの書類が不足していたり、条件を満たしていない場合には追加の書類提出が必要になることもあります。

Land-FX のスタッフが必要に応じて、各国の言語に翻訳いたします。
氏名や発行日などの各必要情報が含まれていれば承認可能です。

顔写真、氏名、生年月日、有効期限を確認させていただきます。
身分証明書の氏名とLand-FXの申請名義は必ず一致していなければなりません。

居住証明書へ記載の住所と口座開設申請時にご入力いただいた住所は一致している必要があります。
必ず現在お住まいの住所が記載されている書類を提出してください。

Land-FXでは居住証明として私書箱を使用することはできません。
実際にお住まいの住所が記載された書類を提出してください。

3ヶ月以内の書類発行年月日、氏名、住所、発行機関名が記載されている必要があります。

Land-FXでは身分証明書、居住証明書それぞれ異なる書類の提出をお願いしております。運転免許証は居住証明書として承認出来かねますので、3か月以内に発行された住民票や公共料金明細書などをご用意ください。

Forex取引

一般的にトレーダー自身でキャンセルしない限り、指値/逆指値注文(Pending Orders)は自動的にキャンセルされることはありません。1口座あたり、予約注文を含め300までポジションの保有が可能です。
ただし、マージン率の低下によりストップアウトが発生し、指値/逆指値注文のロット数がマージン率以上に指定されている場合はキャンセルとなる可能性があります。

Land-FXでは、最大500:1(ECN口座は最大200:1)のレバレッジを提供しております。
ただし、ハイレバレッジを用いることで相場の動向による資本金に対する影響が大きくなるため、より高い利益が期待される半面、損失のリスクも同様に高くなります。

マージンとは取引を行うための証拠金(保証金)のことであり、手数料ではなく口座残高の一部とみなされます。
ただし、マージン取引(証拠金取引)では利益増大が見込めると同時に、損失増大のリスクもあります。
良くも悪くも影響力を持つので注意が必要です。

Land-FXでは有効証拠金を基準にマージン率を適用しています。

EA(エキスパートアドバイザー)は、Meta Trader4が提供するC言語を用いた自動取引プログラムです。
EAでは手動での注文をすることなく自動的に取引を行うことができます。

Land-FXではEAをご利用いただくために最適な環境を提供しておりますので、いつでもEAをご利用いただけます。

弊社のMT4/5の時間表記はイギリス(ロンドン)時間です。
一年を通してサーバー基準時刻GMT ±0であり、日本との時差は9時間です。

<MT4/5サーバー時間>
サマータイム適用時:21:05~20:59(メンテナンス時間21:00~21:05)
サマータイム非適用時:22:05~21:59(メンテナンス時間22:00~22:05)
<日本時間>
サマータイム適用時:06:05~05:59(メンテナンス時間06:00~06:05)
サマータイム非適用時:07:05~06:59(メンテナンス時間07:00~07:05)

マージンコールレベルとは、証拠金維持率が50%以下になることを差します。
その時点ではトレーディングターミナルに警告の赤信号が表示されます。

ストップアウトレベル(ロスカット)とは、証拠金維持率が30%以下になることを差します。
その時点に到達すると損失の大きなポジションから順に自動的に強制決済されます。

マージンコールレベルは50%、ストップアウトレベル(ロスカット)は30%です。

Land-FXでの両建て取引は同一口座内に限り可能です。
両建ては同銘柄・同数量の反対ポジションをそれぞれ持つことで証拠金が相殺され不要となります。
ただし、スプレッドが一時的に大きくなる(広がる)場合、望まない損失が発生することもあるので注意が必要です。

フリーズレベルとは、ある一定のポイントに相場が達するとトレーダーによるポジション変更などが不可能になることを指します。
Land-FXではフリーズレベルは適用しておりません。

トレーリングストップとは、相場変動に合わせて指定したストップレートを自動で修正する機能をいいます。
トレーリングストップを100pointで設定した場合、ストップレートは10pipsの差で継続して動き、
現在の価格から10pipsほどの損失に転じる場合は自動的にロスカットされます。

残高(Balance)とは、全ての精算済みポジションから算出された口座残高のことで、含み損益は含みません。
有効証拠金(Equity)とは、残高と含み損益を合わせた残高であり、市場の価格によって変動します。